フージャースホールディングス(3284)を新規買い

みなさんこんにちは、グレアム投資ガチ勢(@gold_man_blonze)です。その名の通り、バリュー投資家です。

フージャースホールディングスを新規買いしました。買ったといっても観測気球的に少額で、しかも普段の投資スタイルとは少し異なるアプローチでの投資です。少しでも今後の投資にフィードバックがあればそれでよいとおもっております。

前置きはこのくらいにして購入に至った経緯をご説明します。

エクセル(7591)と加賀電子(8154)の経営統合

2019/12/9の適時開示にてエクセルが加賀電子との経営統合を発表しました。(link)

この適時開示によって、エクセル株は+29.15%上昇をしました。

経営統合の背景をざっくり抑えると、経営不振に陥ったエクセルが経営統合先を模索していたものの見つからず、C&IHoldingsを始めとしたいわゆる村上ファンドが間に入って統合先を探しに奔走したというものでした。その過程で、村上ファンドは議決権の37%を保有するに至り、今回めでたく経営統合が実現したということのようです。

村上ファンドは、かつては大株主になっては経営統合や株主還元を迫るもの言う株主として知られており最近は、C&IHoldingsや株式会社レノ、オフィスサポート等村上ファンドの流れを汲む組織が活躍しています。

今回の経営統合を受け、思った事が一つ。

村上ファンドが大株主である株を持っていれば儲かるのでは?

さっそく探してみましょう。

村上ファンドが大株主である企業を探す

大量保有報告書と変更報告書を見ると、2019/12/11時点で以下の企業を保有しているようです。(私調べなので情報に誤りがある場合もあります)

村上ファンド大量保有率一覧

大量保有報告者と保有%は、それぞれ報告の主体と共同保有の割合を指しています。

フージャースは、エクセルを除くと最上位にあるので、第二の経営統合を期待して今回少額投資してみました。

時価総額が高すぎず保有割合も高い廣済堂もいずれ投資したいところです。

期待値は不明

今回の村上ファンドイナゴ投資ですが、投資の期待値はわかっていません。大量保有報告書を調べた際、村上ファンドはTOBで20~50%のプレミアムを付けて売り抜けていますが、保有開始から数年要していたり、市場外で売りつけたために投資していたとしても一切恩恵が得られなかった事例(イノテック)も見受けられました。

この辺は、村上ファンド側の戦略に左右されるので、ランダムに起こりうるものと考えたほうがよさそうですね。

今回の投資は投機の域を出ていませんが、失敗しようとも今後の糧になること間違いなしなので、期待しながら見守っていきたいと思います。

投稿者: グレアム投資ガチ勢

バリュー・長期投資家。 長期投資があまりにも暇なためブログを開設。 Follow @gold_man_blonze

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です