銘柄物色中 – 日本乾溜工業(1771)

物色中の銘柄について、備忘を兼ねて記載します。購入する/した銘柄だけではなく購入対象から省いた銘柄についても書くつもりなので、良い(と思った)銘柄ばかりではありません。

日本乾溜工業(1771)

日本乾溜工業は、福岡に拠点を置く交通安全施策工事が主軸(約80%)の会社です。道路標識やガードレール、道路の指示線や岩石の落下防止網等を提供しています。一応景気変動の影響を受けやすい建設業界に属していますが、道路のインフラは景気に寄らずメンテナンスする必要があるので安定性があるとざっくり理解しています。

財務分析

純資産は、年平均18%伸びており、バリュー株に属する銘柄の中では驚異的な伸び率と思います。ただ、金額ベースでみると年5億円弱で安定しているため、今後の伸び率は8%未満にとどまると考えています。また、総還元性向及び総還元額はこれまでの10年間で変わりはありません。

PER(予)とPBRは、それぞれ6.3/0.45と一見最安値圏に属する銘柄ですが、優先株式を発行しており、その分を加味すると8.8/0.63となり、最安値圏からは脱します。

同様に安全域も、優先株式を考慮した場合、20%ほどしかありません。

また、成長性は多くのバリュー株同様期待はできませんね。

以上のことから、私は投資対象から除外します。

投稿者: グレアム投資ガチ勢

バリュー・長期投資家。 長期投資があまりにも暇なためブログを開設。 Follow @gold_man_blonze

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です