コカ・コーラ(KO)株を新規購入

みなさんこんにちは、グレアム投資ガチ勢(@gold_man_blonze)です。

記事を書いている2019/4/30現在、日本はゴールデンウィークで市場もお休みですが、世界の市場は変わらず動いていますね。そんななか、コカ・コーラ(KO)株を100万円分買い増しました。原資としてS&P500のETF(IVV)を全額売却しています。これによって、PFの10%がKO株となりました。バリュー投資家の私にとってPBRが1を超えているKO株の大量購入はちょっとした冒険で、ちょっとドキドキしています。

コカ・コーラ株は、50年以上の連続増配株として有名で、フリーキャッシュフローも大きく黒字であり、世界中の飲料市場で1,2位のシェアを占めています。また、世界の中間所得者層は2030年までに倍増する見込みであり、中間所得者層は清涼飲料水を飲むことからよほどのことがない限り減配の心配はないとみています。

また、最近読んだ「株式投資の未来」(ジェレミー・シーゲル)という本で知ったのですが、高配当株戦略が市場平均(S&P500)をアウトパフォームしているという事実も購入の追い風になりました。

ただ、若干の心配もあります。直近5年間の売上高が減少傾向で、かつ2018年の配当性向は、211%と減配の恐れもあります。また、最近は砂糖が何かと悪者にされることが多く、これが清涼飲料水自体への逆風となっています。

コカ・コーラの未来は私の目論見通り発展するか、逆風に押されて売り上げを落としていくかわかりませんが、今後もKO株とともに見守っていきたいところです。

投稿者: グレアム投資ガチ勢

バリュー・長期投資家。 長期投資があまりにも暇なためブログを開設。 Follow @gold_man_blonze

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です